高校生が進路を考えること

高校2年生の娘が大学受験の予備校へ通い始め、進路について迷っていたら先生から言われたそうです。
未だに進路が決まっていないなんて受からないでしょう、それにアナタのようにコミュニケーションに難がある人は大学でやっていけないわよ、と。

私が高校生の頃なんて大学受験は文系か理系かを決めて、単に偏差値で学校を選んでいたような気がします。最近の学校は中学生の頃からキャリアを考えさせて、高校1年生には将来なりたい職業から文系か理系かを決めさせます。
それはいいのですが、まだ精神的に幼く迷ってしまうウチの娘のような子はおいてきぼりになってしまって、却って自信を失ってしまうんですよね。

やりたいことがなかったらとりあえず入れる大学へ入ってやりたいことを探すというのもありだと思うのですが、予備校の先生のキツい言葉に娘が落ち込んでいるのを見るのは生つないです。