素敵な田舎暮らしでみんなが幸せに

今朝フジテレビで都会から田舎へ移住してパン屋さんを営む家族の紹介をしていました。

その土地で湧く水を使い、その土地でしか作れない天然酵母を作り、その土地でしか味わえないパンを作って、高い値段で売るというやり方で年商2500万くらいだそうです。お客さんは海外からもやってくるほどで、こだわり屋のご主人が材料にこだわって手間隙かけて作るパンは私も是非食べてみたいと思いました。

そしてそのパン屋さんができたことで街の雰囲気も変わり、若い人も移住してきて新しいカフェができたりとますます活気づきそうで、元々そこで暮らしていた人も日常生活がより楽しくなったのではと想像できます。

そのご主人婦には小さいお子さんがいるのですが、街の人が見ていてくれるので勝手に遊んでいても安心とのこと。まるで古き良き昭和の時代。こんな街が増えると観光地を探すのも楽しくなります。