神無月で温かの用意を

連日、夏のような気温と空気だった数日から、20度未満ではないかというような随分気温差のある一日になった。
半袖でも動けば暑いという日から、普段着を一枚足してすごしてないと涼しすぎるというお天気というのもアップダウンが大きいですよね。

朝の身支度や食事などとしているうちはまだそうでもないですが、用事が済んで落着ける時間になると上に一枚、靴下は温かいものとします。
温かさが心地いい季節、数日前に暦は神無月となったんだから、時々のこんな季節のお天気だってあろうというもの。

少しづつ晩秋になるんだからニットや秋冬ものの用意をするのがいいということですよね、夏の気分と洋服はここできりをつけて、温かい日々の暮らしにしたいものです。