子供のピアノの発表会で思っていたこと

中学生の息子が部活でハチャトゥリアンの仮面舞踏会を演奏すると聞いて思い出したんですが、彼が小さいころピアノの発表会でハチャトゥリアンのフォークダンスという曲を弾いたんです。

不協和音の続く、聴いていても弾いていてもなんだかな?という感じの曲だったのですが、先生曰く、息子は普通の曲だと飽きちゃうから、とのことでした。
同じハチャトゥリアンでも仮面舞踏会のような曲だったらきっと息子は喜んで弾いたのでは?と思いました。こういうドラマティックな曲は聴いていても楽しいし、弾いていても気持ちを込めやすいと思うんですよね。

発表会はいつも、なんだかな?という曲で、やめるときになって初めて、次の発表会はバッハのトッカータとフーガ ジャズバージョンを是非弾いてもらいたかったと言われ、とても残念に感じたことを思い出しました。